ミュゼプラチナム秋葉原の最新キャンペーン情報!

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム グランアキバ・トリム店の格安脱毛申し込みはコチラ!

>>ミュゼプラチナム

 

秋葉原のミュゼで脱毛するなら1店舗あります!

ミュゼは渋谷に1店舗あります。
グランアキバ・トリム店です。
いずれの店舗のキャンペーンもこちらから申し込むことができます。
毎月おこなわれる激安脱毛キャンペーンははじめての方限定となっています。

ミュゼ秋葉原の体験談、口コミ

気持ち良い接客

HN:ユイスキー
店舗名:グランアキバ・トリム店
施術を受けた脱毛コース:両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース

 

初めてグランアキバ・トリム店にお邪魔しました。お店の位置はそんなに分かりにくい場所にはなく、行きやすい場所にありました。まず、店内の清潔さは行き届いていて、個人的には気になる点は特にありませんでした。空調もちょうど良かったですし、お店の貼り紙・雑誌なども問題なく綺麗でした。店員さんの接客は予想以上に良かったです。まず、入ってカウンターの対応からスムーズに対応して貰いました。その後、着替えた後も入ってくるタイミングはバッチリでした。術の仕方が特に丁寧でした。一つ一つの動作を確認しながら行って頂けたのが、気持ち良かったです。また、施術後のアフタケアーに関しても詳しく分かりやすく説明して頂いたので、初心者でも安心して行ける店舗だと思いました。

 

脱毛サロンの体験談

脇の脱毛が出来てうれしかった

HN:ぽよぽよ

 

私の場合、脇の脱毛が無事に終わったということがとてもうれしく感じています。脇の脱毛をする前は人に脇毛を見られるのがとても嫌でした。誰でもそうだと思うのですが、脇毛を見られないように人知れずカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりとそれなりに手間をかけて処理をしていました。ものすごい手間暇をかけてる割にはその持続期間というのは結構短くて、安心してしばらく放っておくとチョリチョリとまた毛が生えてくるんです。その度にまた剃ったり、抜いたりして対処していました。

 

でも脱毛してからはそういった行為をしなくても良いので、日常生活がとても楽になりました。脱毛する時に気になっていたことといえば、脱毛する時に痛みがあるんじゃないかということでした。あまり痛みに強いほうではないので、痛かったら耐えられるかなと思っていました。

 

実際に経験してみたら想像していたよりも全然痛くなく、これなら快適に脱毛が出来ると思いました。通っていた脱毛サロンでは無料カウンセリングの時に体験脱毛が出来たので、そこでどのくらいの痛みがあるのか確認出来て良かったです。脱毛した今となっては人に脇を見られることに全く抵抗がなくなりました。なので脱毛サロンに通って良かったです。

脱毛サロン、クリニックの選び方

脱毛サロンやクリニックで脱毛をしたいけど一体どこの店舗を選んでいいのかわからない、と実は悩んでいませんか?せっかくお金をかけて脱毛を行うのですから悪徳なところを選んでしまって後悔したくないですよね。そこで、サロンやクリニックを選ぶ際のポイントについて紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

サロンやクリニックを選ぶ際には、料金の高さが気になるとは思いますが、それよりも重視したいのが施術者の技術力や知識です。技術や知識が劣っているところで脱毛をすれば、高い効果が得られないばかりか火傷や炎症のリスクを負ってしまう危険もあります。料金が安いからといって施術がおろそかなところを選ぶのはやめるようにしましょう。

 

また、アフターケアがしっかりしているかどうかも重要なポイントです。万が一、施術中に火傷や炎症を負ってしまってもアフターケアがあれば安心です。何のケアもしてくれないサロンやクリニックを選んでしまったら泣き寝入りをしてしまうことになります。自分の肌を守るためにもアフターケアの有無はきちんと確認しておくようにしましょう。

 

その点ミュゼプラチナムなら料金、技術力、アフターケアがしっかりそろっているので安心ですね(^^♪

 

ミュゼ秋葉原の申し込みはコチラ!>>ミュゼプラチナム

 

 

 

 

 

秋葉原のミュゼプラチナムに行ったついでに♪

秋葉原のミュゼプラチナムに行ったらついでに寄り道しちゃいますよね。
秋葉原のグルメなどのお店などを調べたのでよかったら参考にしてください。

 

フレンチトーストといったらココ!

秋葉原のヨドバシ8階レストラン街にある、ザフレンチトーストファクトリーはおすすめです。秋葉原っぽくないと言ったら失礼ですが、お店は木目調で開放感があり、お洒落な雰囲気が漂っています。女性1人でも入りやすいお店です。そしてここの1番人気の、世界一の幸福感を味わえるというキャッチコピーのフレンチトーストですが、その名の通り食べるとその美味しさで幸せの絶頂にという感じでした。まず初めていったらFTFクラシックフレンチとトースト¥1200がおすすめです。ふわふわとろとろ食感のフレンチトーストに、発酵バター、パンケーキシロップ、純生クリームのハニーホイップ、フレッシュレモンの4種類のトッピングが付いています。他にも種類が色々ありますが、個人的にはシナモンが好きなので、シナモンシュガーと塩キャラメルシナモンソースがたっぷりかかった、ダブルシナモン¥1100がお気に入りです。秋葉原で、1人ゆっくり時間を過ごすのにおすすめな場所です。

 

楽器屋地下のライブハウス

秋葉原グラブグッドマンというライブハウスがおすすめです。秋葉原駅から徒歩5分程度で、昭和通り口を端の手前で曲がったところにある楽器屋さんの地下にあります。秋葉原というとアイドルのイメージが強いかもしれませんが、こちらはインディーズバンドがライブをするライブハウスです。ジャンルもさまざまですが、オルタナとか、ポストパンクと呼ばれるジャンルのライブが多い気がします。ライブは夜だけでなく、日曜日なとは昼からライブがあります。ホームページをみると毎日いろんなイベントをやっていて、値段も平均2500円前後で楽しめます。もちろんバーカウンターがあるのでお酒も飲めますし、近くには飲食店も多くあるので週末の夜にフラッと行って軽く食べて帰ってくる、なんてことも可能です。

 

駅から5分 老舗立ち食い蕎麦屋

秋葉原駅から昭和通口を出て徒歩5分。庶民的で年季の入った「あげたて天ぷら そば」 と書かれた看板が見えてきます。岩本町スタンドそばという立ち食い蕎麦屋さんです。地下鉄の岩本町が最寄りですが、秋葉原からも近く、川を渡った目の前にあります。店内は60歳以上と思しきおじいちゃん店主が切り盛りしている様子で、ラジオがBGMのアットホームなお店です。10席ほどのカウンターは椅子もついていて、海老天、いか天、アジ天、ゴボウなど種類も豊富で、そばの他にうどんも選べます。客層はおじさんばかりで女性はちょっと入りづらいかもしれませんが、店主か優しく迎えてくれます。秋葉原は駅ナカにも立ち食い蕎麦屋がありますが、少し足を伸ばして来てこの古めかしい立ち食い蕎麦屋さんを楽しんでほしいです。

 

楽しい物産館

秋葉原から御徒町に向かうガード下に、『ちゃばら』という日本全国の美味しいものを集めた物産館があります。秋葉原駅から徒歩2分くらいなので場所もわかりやすいです。普段見たことのない珍味、スイーツ、お酒、レトルト食品などなど見ているだけで幸せな気分になれる、食品のデパートみたいな感じです。行くたびに商品も変わっていたりするので、秋葉原に行ったら必ずチェックするお店です。この中に、『クラモトスタンド』という新潟の蔵元である菊水酒造が初開店した、今流行の発酵フードのカフェもあります。酒粕や甘酒を使ったメニューが豊富にあります。酒粕ミルク入りロイヤルミルクティーや、十六穀米甘酒ラテなど他では味わえないドリンクなんかがあります。そして夏におすすめなのがかき氷です。月ごとにメニューは変わりますが、甘酒&枝豆など個性的なかき氷を味わうことができます。

 

カールスジュニア

秋葉原にいながら、本場アメリカにいる気分になれる、ハンバーガーショップ『カールスジュニア』。場所は、秋葉原駅から10分かからないくらいです。ここは、アメリカでは2890店舗ある人気店で、2016年に秋葉原に1号店が出店されたそうです。ファストフードのわりには値段はちょっと高いですが、味は高級グルメバーガーのような感じです。赤身が多く脂肪分が少ない豪州産のアンガス牛100%を使用していて、素材の品質管理には特別なこだわりがあるみたいです。一番人気は、オリジナルシックバーガー¥890です。個人的には、レタスシックバーガー¥890という、バンズの代わりにレタスに挟まれたヘルシーバーガーが好きです。アメリカらしく、ここはドリンクバーなところもポイントが高いです。

 

行列の絶えないラーメン店は秋葉原にもありました

秋葉原は今や外国人観光客の姿が多いインターナショナルな場所となっています。そのため飲食店も急激に増えました。秋葉原ならではの安くて美味しい名店が多数ありますが、中でもここ「粋な一生」は行列の絶えないラーメン店です。店内は明るく落ち着いた雰囲気でカウンターもあるので一人でも立ち寄りやすいお店です。動物系清湯、白湯、魚介系の3種類のスープが用意され、塩、醤油、味噌のベースに合わせて配合を考えながら一杯ごとにベストのスープ造りがされています。透き通るような塩や醤油も人気ですし絶妙な配合の合わせ味噌の味噌ラーメンの人気も負けてはいません。時々、期間限定メニューも出されるので、それを目当てにまた人々が集まってきます。ラーメンだけでなくトッピングの卵も絶妙な茹で加減で割ると黄身がトローリと流れてきて最高の状態。秋葉原という観光地だけあり様々な人が立ち寄る店ですが、どのお客さんも笑顔を店を後にする行列店です。

 

ミュゼ秋葉原の申し込みはコチラ!>>ミュゼプラチナム